かえるの旅行記ブログ~kaeru travel~

かえるが旅ライターの真似事をしています。真似事なので温かい目で見ていただけると幸いです。

MENU

【三重県伊勢市・志摩市】1泊2日 旅行記ブログ 後編・2022年10月

更新日2024.7.14

2022伊勢志摩旅行記ブログ・志摩地中海村

宿泊ホテルから志摩地中海村が見えたけど行くのは初めて!

街並みも景色もよくて、ごはんも美味しかったよね!

三重県伊勢志摩 旅行記ブログ【後編】

・志摩地中海村
・伊雑宮(いざわのみや)

今回のブログは、2022年10月17日に出発した三重県伊勢市・志摩市旅行の2日目です。2日目は志摩地中海村と伊雑宮に行きます。伊勢志摩旅行へ行くときに伊雑宮は必ずよりますが、志摩地中海村は初めて訪れました。

それでは伊勢市・志摩市旅行の後編の始まりです~。

 

スポンサーリンク

 

「三重県伊勢市・志摩市旅行記ブログ」後編は志摩地中海村から!

2022伊勢志摩旅行記ブログ・志摩地中海村の景色

伊勢志摩旅行の2日目は、宿泊したホテル「都リゾート志摩ベイサイドテラス」をチェックアウトし、いざ志摩地中海村へ。

 

テラスでの朝食が最高な「都リゾート志摩ベイサイドテラス」宿泊記ブログはこちら!

 

2022伊勢志摩旅行記ブログ・志摩地中海村から見える英虞湾

宿泊部屋から志摩地中海村は見えていたものの、志摩特有のリアス式海岸のため入江を迂回しつつ車で20分ほどかかりました。直線距離はホテルと志摩地中海村は近いんですけどね…

伊勢志摩旅行は毎年行きますが、志摩地中海村へは一度も行ったことがありません。都リゾート志摩ベイサイドテラスや、去年宿泊した志摩観光クラッシックホテルからも志摩地中海村は見えていたんですが…近くて遠い存在というやつですね。

志摩地中海村(しまちちゅうかいむら)
志摩地中海村は、1993年6月に三重県志摩市にあり元々は別荘地として開業。
現在は誰もが宿泊できるホテルやレストランなど宿泊所兼観光地になっている。地中海の街並みを再現し、景色もよいことから多くの観光客が訪れる。
志摩地中海村ホームページ

2022伊勢志摩旅行記ブログ・志摩地中海村のショッピング施設

志摩地中海村の日帰り観光客入場料は大人1人700円、子ども1人300円(小学生・未就学児は無料)です。以前は大人1人500円だったみたいですが、2022年10月より金額改定され大人1人700円になっていました。※志摩地中海村宿泊者は入場料無料

さて、入場料が必要な施設とはどのような施設なのか!?ということで志摩地中海村に入場。

志摩地中海村の散策動画はこちら!!

実は動画撮影中に「入場料700円は高くない!?」とかえるが言っております。
※一応、音楽を流してコメントは消してます(笑)

というのも、入場後すぐに宿泊者利用制限エリアの方向に歩いていってしまい、何もなかったからです。その何もないエリアから入場口近くに戻るときに、このような発言をしまいました…

志摩地中海村は観光エリアだけでなく、宿泊所エリアがありますからね。むしろ、メインはホテルなのかな。

2022伊勢志摩旅行記ブログ・志摩地中海村のRIAS by Kokotxaへの入り口

しかし、この後、入場料がもったいないという気持ちはどんどん薄れていき、満足して志摩地中海村を出ることになります。

2022伊勢志摩旅行記ブログ・志摩地中海村のRIAS by Kokotxaへの道

こちらは、レストラン「リアス・バイ・ココチャ」へ向かう途中の道です。

写真撮影が下手で申し訳ないのですが、この道はかなり景色がよく、テンションが上がります。非日常を感じるような石畳の道、そして周りに広がる英虞湾の景色…いや~最高じゃないですか!

よし!リアス・バイ・ココチャでお昼にしようと思ったのですが…

2022伊勢志摩旅行記ブログ・志摩地中海村のRIAS by Kokotxa裏手のテラス

しかし、一番安いコース料理でも、ひとりあたり5,500円するため気後れしてしまいました…

一瞬、5,500円でもいいか!と思いましたが、やはり冷静に考えて無理と判断しました。

リアス・バイ・ココチャには入らず、裏手にあるテラス席へ…しばらくこちらでゆったりと英虞湾を眺めておりました。

なお、テラスの横には海に下りていく階段があり、そこから「海さんぽ&海上タクシー」を楽しめるようです。

昼食はカフェアミーゴで激ウマ松阪牛ハンバーグカレーをいただく!【伊勢・志摩旅行2日目】

2022伊勢志摩旅行記ブログ・志摩地中海村のカフェアミーゴの外観

コースの値段を見てややテンションが下がった私は、テラスで休んで気を取り直してカフェ「アミーゴ」へ移動!

アミーゴは、気軽に立ち寄れる軽食もあるカフェです。これなら私も安心して入店できる…

2022伊勢志摩旅行記ブログ・志摩地中海村にあるアミーゴで松阪牛ハンバーグをいただく

アミーゴでは「松阪牛ハンバーグカレー(税込1980円)を注文」!

この松阪牛ハンバーグがおいしいったらなかったです…

この伊勢志摩旅行で一番おいしい料理でした。…都リゾート志摩ベイサイドテラスさんごめんなさい…

だってハンバーグを噛むと肉汁が爆発し、お肉の味が口一杯に広がるんですよ。いいお肉だからか、さっぱりとした脂でやや甘味があります。カレーのルーもほどよくスパイシーな感じで食べやすかったです。

うちの財務大臣は「バゲットサンドプレート スープ・ドリンク付き(税込1,870円」を注文しておりました。バケットサンドも、かなりおいしかったとおしゃっていました。

Cafe Amigo(かふぇ あみーご)
志摩地中海村内にあるスイーツやドリンク、軽食を提供カフェ。地中海ブルーを基調としたおしゃれな内装になっている。

景色もきれいで、食事もおいしく大変大満足できました。そんないい気持ちのまま、志摩地中海村を後にし次の目的地へ。

そういば、都リゾート志摩ベイサイドテラスで、何度も遭遇したカップルに志摩地中海村でまた遭遇しました。とても仲がよさそうなお若いカップルでした。末永くお幸せに!!

志摩地中海村 地図

志摩地中海村 施設情報(表はスクロールできます)

 住所  三重県志摩市浜島町迫子2619-1
 時間  チェックイン時間 15:00
 チェックインアウト時間 11:00
 電話  0599-52-1226
 定休日  年中無休
 アクセス  近鉄志摩線賢島駅から約9.5キロ
 公式HP  https://www.puebloamigo.jp/

※志摩地中海村は宿泊施設のためホテルの概要を記載しています。

 

スポンサーリンク

 

伊雑宮にて参拝【伊勢・志摩旅行2日目】

2022三重県伊勢市・志摩市旅行記ブログ・伊雑宮の外観

毎年の伊勢志摩旅行で伊勢神宮(外宮・内宮)に加え、必ず「伊雑宮」も参拝するようにしています。伊勢神宮とは違いひっそりとして、趣きがあるんですよね。

伊雑宮は「天照大神の遙宮」と呼ばれ、内宮の別宮で唯一伊勢国以外にあり、神田を持っています。毎年、御田植式を開催しているので、伊雑宮のことをご存じの方が多いかもしれません。

伊雑宮で行われる「伊雑宮御田植祭」は毎年6月24日に行なわれ、日本三大御田植祭りのひとつで、重要無形民俗文化財にも指定されている大切な行事です。いつの日か、伊雑宮御田植祭も見に行きたいなと思っています。

帰りがけにいつも伊雑宮に寄ってから帰宅するので、今回も伊勢志摩旅行も伊雑宮参拝をラストの行事とし帰路につきました。

伊雑宮(いざわのみや)
伊雑宮は伊勢神宮内宮の別宮で、荒祭宮、月讀宮、瀧原宮に次ぐ順位のお宮。
御祭神は天照大御神御魂。読み方は「いざわのみや」や「いぞうぐう」とも。
伊勢神宮別宮としては、唯一伊勢国以外にある。
伊雑宮ホームページ(志摩市観光協会)

伊雑宮 地図

伊雑宮 施設情報(表はスクロールできます)

 住所  志摩市磯部町上之郷374
 営業時間  無
 電話  0599-55-0038
 定休日  無
 アクセス  近鉄上志摩線「之郷駅」下車徒歩5分
 公式HP  https://www.isejingu.or.jp/about/outerbetsugu/

 

スポンサーリンク

 

「伊勢・志摩旅行記ブログ」後編まとめ

2022伊勢志摩旅行記ブログ・志摩地中海村にある噴水

伊勢志摩旅行で一番印象に残ったのは松阪牛ハンバーグカレーかな(笑)

おこちゃまだね…

2022年10月伊勢志摩旅行では、色々な場所に行きました。

三重県伊勢市・志摩市旅行で行った場所

・伊勢神宮【内宮・外宮】
・木下茶園 外宮前店
・牛ステーキ おく乃
・都リゾート志摩ベイサイドテラス
・志摩地中海村
・伊雑宮(いざわのみや)

やはり伊勢神宮内宮・外宮へ行くと、こころが洗われますね。毎年1回は伊勢神宮内宮・外宮、伊雑宮に参拝していますが、いつ行ってもよいものです。

今回の旅行は旅ライターとして初めて行った旅行で、旅行なのにやや緊張してしまいました…
しかし、おいしい抹茶プリンや和牛のまぶしご膳、松阪牛ハンバーグカレーなどを食べられ満足しています。あと、志摩地中海村は景色がよく、建物もおしゃれで意外とよかったです。

都リゾート志摩ベイサイドテラスは…まぁ宿泊記をご覧ください(笑)私的には気になりませんでしたが、もう1回泊まる?と聞かれたら「ちょっと…」と答える気がします。

それでは、伊勢志摩旅行記ブログはここまでとします!ブログをご覧いただきありがとうございました!

 

伊勢志摩 旅行記ブログ【前編・2022年10月】の記事はこちら

伊勢志摩旅行 宿泊記ブログ【都リゾート志摩ベイサイドテラス】の記事はこちら

 

スポンサーリンク