かえるの旅行記ブログ~kaeru travel~

かえるが旅ライターの真似事をしています。真似事なので温かい目で見ていただけると幸いです。

MENU

【強羅花扇】神奈川県箱根町1泊2日 宿泊記 2023.7.24

更新日2024.5.27

強羅花扇の露天風呂つき客室

夏の暑さから逃げるために「強羅花扇」に宿泊!

人生初の箱根への旅行です!

強羅花扇 宿泊記

・ルームツアー
・夕食
・お風呂
・朝食
・宿泊料金
・まとめ

今回のブログは、2023年7月24日に宿泊した神奈川県箱根町の旅館紹介となります。

人生初の箱根旅行なので楽しみで仕方ないです。それでは強羅花扇宿泊記の始まりです~。

本日のお宿は「強羅花扇」!!

強羅花扇」は神奈川県箱根町にあるお宿です。

強羅花扇は箱根ロープウェイの「早雲山駅」の真裏にあり、強羅駅からも車で5分程度の場所にあります。強羅周辺は標高500mを超えており、夏でも平野部と比べると比較的涼しくて避暑地としてぴったりです。

また、強羅花扇の客室は自家源泉掛流しの露天風呂であり、露天風呂からは箱根の山々を眺められます。

気候がよく、露天風呂から大自然を眺められる…まさに至福の瞬間というやつですね。

強羅花扇(ごうら はなおうぎ)
箱根ロープウェイの早雲山駅の裏手にある高級旅館。強羅駅からも近く、箱根を観光するのにいい立地。全20室。
全客室に自家源泉掛流しの露天風呂がついている。強羅花扇の温泉は美肌泉質といわれる重曹泉。
 強羅花扇のホームページはこちら

強羅花扇 地図

強羅花扇 施設情報(表はスクロールできます)

 住所  神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-681
 時間  チェックイン時間: 15:00
 チェックアウト時間: 11:00
 電話  0460-87-7715
 定休日  不定休
 アクセス  箱根登山ケーブルカー「早雲山駅」から
 直通エレベーターを使って徒歩3分
 公式HP  https://gorahanaougi.com/hanaougi/

「強羅花扇」ルームツアー

強羅花扇の露天風呂つき客室から見える大文字焼き

今回「強羅花扇」で宿泊したのは「1階 ベッドタイプ テラスつき」というお部屋です。

1階 ベッドタイプ テラスつきは36平方メートルに、12平方メートルのテラスがついています。1階ですが強羅花扇自体が高台にあるため、テラスからは箱根の山々が見渡せます。また、テラスには露天風呂がついており、湯舟に浸かりながら大自然を眺めることも可能です。

私は夏場にいったのでわかりませんが、強羅花扇のホームページを見る限り紅葉を楽しむこともできそうです。

また、写真のように「明星岳の大文字」がよくみえます。

毎年8月中旬に「箱根強羅夏まつり大文字焼」がおこなわれ、大文字焼きと花火の打ち上げがおこなわれます。強羅花扇からは、これだけはきりと「大」の文字がみえるので箱根強羅夏まつり大文字焼のときも楽しめそうです。

夕食は木目調のインテリアの「個室」で!

強羅花扇の夕食1

強羅花扇の夕食は、木目調のしつらえになっている個室でいただきます

写真に掲載した料理は順番になっていないので、献立の内容や順番は下のほうに書いておきます。

強羅花扇の夕食は全体的に上品な味の料理が多く、味が濃いものが少ないので量が多くてもすっと食べられる感じです。

強羅花扇の夕食2

強羅花扇の夕食はどれもおいしかったのですが、個人的には「吸物」と「中皿」がおいしかったです。
お吸い物は鱧で、中皿には鰻寿しでどちらも私が好きな魚というのもありますが…

強羅花扇「文月 御献立」
先付け「翡翠茄子・蒸し雲丹・花穂・新生姜など」
吸物「鱧葛うち胡瓜・椎茸・隠元・梅肉・柚子」
造里「鯛昆布締め蓮根重ね盛り・縞鯵・海ぶどうなど」
煮物「もち豚角煮・里芋・茗荷子・絹サヤなど」
中皿「枝豆山椒煮・鮎一夜干し・鰻寿しなど」
焼物「福っ子スモークオイル焼き・大葉など」
台の物「飛騨牛ステーキ」
食事「飛騨こしひかり・味噌汁」
水物「季節の果物・梅酒ゼリー・さくらんぼ佐藤錦など」

たくさん露天風呂に入浴したかったものの…

強羅花扇の露天風呂はかなり快適で何度も入りたかったのですが、残念ながら仕事が溜まっており、夜は仕事がメインとなってしまいました。…なんかこの一文ばかりいっている気がします(笑)Webライターというどこでもできる仕事だからこそいつでも旅行できるのですが、旅行先でもついつい仕事をしてしまいます。

そのため、強羅花扇の露天風呂にはそこまで入浴できませんでした。もう少し仕事を片付けてから行けって話しですね…

朝ごはんも「個室」で!

強羅花扇の朝食

強羅花扇の朝食は夕食と同じく「個室」での食事です。

写真を見ていただくとわかるようにシンプルな食事です。しかし、シンプルながらもすべての料理が丁寧に作られているのがわかる上品な味がします。

朝はそこまで味が強く、ほどよい量がちょうといいですね。強羅花扇の朝食はそのどちらも満たしてくれる料理です。

強羅花扇「文月 朝食御献立」
サラダ・出汁巻き玉子・焼板・わさび漬け
しらすおろし・焚合せ・湯豆腐・焼魚
玉葱棒・明太子・ごはん・浅利味噌汁
漬物・フルーツ

「強羅花扇」の宿泊料金

さて「強羅花扇」の宿泊料はいかに…

さすがは露天風呂つき客室という価格だったよね

かえるが宿泊した部屋は「1階 ベッドタイプ テラスつき」で1泊2食付1名「68,640円」(税込)でした。

これは貯まった一休ポイントを利用しての金額であるので、次の金額を参考にしてもらったほうがいいかもしれません。

「強羅花扇」宿泊料金

・1階 ベッドタイプ テラスつき(1泊2食付き) 86,000円~
・2階 和室タイプ(1泊2食付き) 86,000円~
・準特別室(1泊2食付き) 114,000円~
・特別室(1泊2食付き)124,000円~

※2名1室の税込価格

※宿泊費用は2024年4月9日 楽天トラベル調べ

「強羅花扇」宿泊記まとめ

強羅花扇の露天風呂つき客室とかえるくん

「強羅花扇」の評価は…

良かったところ ・露天風呂がとにかく気持ちいい
・料理は豪華でおいしい
・靴を履かずに館内を移動できる
・テラスで過ごす時間が素晴らしい
悪かったところ ・探すほうが難しい…

とにかく露天風呂がよかったです!

山の中で涼しく、ひぐらしの声を聴きながら夕焼けを眺めて無心になる…

ストレスが吹き飛ぶような体験をすることができる旅館でした。あまりにも快適すぎたため1泊じゃ足らないというのが本音です。そのため、2024年7月には強羅花扇に2泊する予定にしています。1日何もしない…そんな日があってもいいですよね。

 

それでは今回の宿泊記はここまでとします。

みなさんも箱根へ旅行されるときには、強羅花扇を宿泊先として検討してみてはどうでしょうか?

強羅花扇の宿泊記は以上です!またいろいろなところへ旅しますので、よろしくお願いいたします。

 

強羅花扇」は一休.comで予約しました!!