かえるの旅行記ブログ~kaeru travel~

かえるが旅ライターの真似事をしています。真似事なので温かい目で見ていただけると幸いです。

MENU

【愛知県南知多町篠島】1泊2日 旅行記ブログ 前編・2023年3月

更新日2024.7.15

2023南知多町篠島旅行記ブログ・ようこそ篠島の看板

人生初の一人旅として愛知県南知多町篠島に行ってきました!

始めての一人旅はどうだったのかな?

愛知県南知多町篠島 旅行記ブログ【前編】

・河和港
・喫茶仁
・シーサイド篠島
・太一岬キラキラ展望台

今回のブログは、2023年3月13日に出発した愛知県南知多町篠島旅行の1日目です。1日目は河和港・喫茶仁・シーサイド篠島・太一岬キラキラ展望台に行きます。

人生初の一人旅なので楽しみで仕方ないです。それでは愛知県南知多町篠島旅行の前編の始まりです~。

 

スポンサーリンク

 

今回の旅行記ブログは「愛知県南知多町篠島」!

2023南知多町篠島旅行記ブログ・河和港

篠島は愛知県にある離島のため、まずは「河和港」へ

今回の旅行は、旅ライターを名乗りだしてから3度目の旅行になります。そして、3連続で出発日は雨になってしまいました。雨は好きなんですが、旅行のときは晴れてほしいものです。

河和港は知多半島の美浜町にあり、名古屋からだとそこそこ距離があります。もう河和港まで行くのも旅行って感じです。

2023南知多町篠島旅行記ブログ・河和港のフェリー乗り場

そして、河和港に到着しましたが人の多いこと…ちょっと動画撮影しようか迷ってしまうくらいでした。ツアーの団体や個人旅行の方々、お年寄りから若者まで。

そんなに篠島は人気なのか!?

河和港(こうわこう)
河和港は名鉄海上観光が運営する船が発着する港。
日間賀島行き、篠島行き、師崎港(愛知県の知多半島先端)行きの船が出ている。名古屋から「知多半島道路」を経由し車で約50分。
河和港ホームページ(名鉄海上観光)

篠島に到着!!…だが…【篠島旅行1日目】

2023南知多町篠島旅行記ブログ・日間賀島

※写真は日間賀島です。

河和港から出港する高速船にはかなりの人が乗船していますが、みなさんの行き先は篠島ではありません。みなさんの目的は「日間賀島」です。愛知県の離島と言ったら日間賀島ですからね…

高速船に乗船した人の9割は、日間賀島西港で降りてしまいました。日間賀島で降りなかった人はほとんどいなかったため、本当にこの船は篠島へ行くのか?と心配に思うくらいでした。しかも、篠島へ行く人はキャリーケースや大きめのバックを持っている人がいないんですよね…日間賀島で降りた人は完全に宿泊旅行者という感じなのに…

2023南知多町篠島旅行記ブログ・島の駅SHINOJIMA

そんなことを思いつつ、無事篠島港に到着です。

写真は「島の駅SHINOJIMA」です。

到着時には行きませんでしたが、翌日にお土産購入と休憩のために島の駅SHINOJIMAに寄りました。

篠島(しのじま)
愛知県南知多町にある離島。島内人口は約1,500人。
篠島の面積は0.94平方キロメートルしかなく、自転車であれば島内1周できてしまう。伊勢神宮と縁が深く、今でも伊勢神宮にさまざまな海の幸を奉納している。

 

スポンサーリンク

 

「喫茶仁」でしらす丼をいただく!【篠島旅行1日目】

2023愛知県篠島旅行記ブログ・喫茶仁の釜揚げしらす丼

釜揚げしらす丼950円(税込)!

篠島に到着して最初に向かったのは、しらす丼を提供している「喫茶仁」へ!

篠島はしらすの漁獲量日本一であり、喫茶仁のオーナーはしらす漁の漁師さんです。そのため、喫茶仁で提供される魚料理はおいしいとの評判です。

しかも、しらす丼の注文を受けてから、しらすを釜揚げするんですよね。一般的にしらすは痛まないよう加工するそうですが、喫茶仁では加工せずにしらすを置いているそうです。

そして出てきたのが写真のしらす丼です!なんか、しらすのひとつひとつが大きいんですよね。そしてお味ですが…

うまいっ!!の一言です

しらすなのに魚の味がするんです。普通しらすってドロドロになっていたり、味がしなかったりするときがありますよね。しかし、喫茶仁のしらすは、歯ごたえがあってしっかりと魚の味がします。

2023南知多町篠島旅行記ブログ・喫茶仁の店内

娘さんから釜揚げしたてなので、醤油をつけずに食べてみてください!と言われたので醤油をかけず食べ始め、結局醤油はつけずに完食してしまいました。

写真は店内を撮影したものですが、レトロな喫茶店という感じです。ゆったりとした時間が流れている、篠島にぴったりの雰囲気です。

喫茶仁(きっさじん)
篠島でおいしいしらす丼を提供している有名店。
1階25席、2階座敷25席以上。しらす丼以外にも海鮮メニューや喫茶メニューあり。

喫茶仁 地図

喫茶仁 施設情報(表はスクロールできます)

 住所  愛知県知多郡南知多町篠島浦磯1-10
 営業時間  9:00~16:00
 電話  0569-67-2816
 定休日  不定休
 アクセス  「篠島港」から北西へ車で約12分
 公式HP  なし

篠島は歩いても1周できる広さ!【篠島旅行1日目】

2023愛知県篠島旅行記ブログ・街並み

喫茶仁で美味な釜揚げしらす丼を完食し、食後のコーヒーを飲み終わったのは正午を少し過ぎたころでした。お宿のチェックインは15時なのでまだまだ時間があるな…ということで篠島を歩いて一周することに。

2023南知多町篠島旅行記ブログ・篠島の港

篠島は一周8キロといわれており、歩いても一周することが可能です。

しかし、かえるは正午から14時30分、つまり2時間30分かけて篠島を歩いて一周してしまいました。篠島は起伏が激しく、海抜1mから海抜約50mまでの高低差があります。

しかも、この起伏を上ったり下ったりするんです。

これが大変で、普段歩かない私は足がパンパンになってしまいました…

2023南知多町篠島旅行記ブログ・北山公園の景色

こちらは、篠島の北側にある「北山公園」の橋から撮影したものです。

この日は天気が悪く、どんよりとした曇り空だったのであまり景色はよくありませんでした。ただ、篠島の海は結構キレイで、晴れた日にはいい景色になると思います。

2023南知多町篠島旅行記ブログ・築見島と中手島

北山公園を北へ抜けた海岸から見える「築見島(右手)」と「中手島(左手)」です。

築見島は、小さな無人島ですね。昔はヒヒを放し飼いにしており、観光地になっていたようです。

また、中手島は以前、篠島と別れていましたが、現在は埋め立て工事により地続きになっています。中手島には「神宮干鯛調製所」があり、翌日に訪れています。

本日のお宿「シーサイド篠島」に到着!【篠島旅行1日目】

2023愛知県篠島旅行記ブログ・シーサイド篠島の外観

篠島を1周し、本日のお宿「シーサイド篠島」に到着しました。

チェックインより早く到着しましたが、快くチェックインをOKしてくれました。(今回のお宿はチェックイン時間PM3時ごろとアバウトらしいです)

そして、到着後すぐにおかみさんが館内の利用案内をしてくれました。

「お風呂は16時から23時まで、朝は7時から9時まで入れます。洗面やトイレは共有です。『今日は貸し切り』なのでお風呂は自由にお入りください!」

…??今日は貸し切り??

この時にはこの言葉の意味がわかりませんでした…しかし、10分後くらいにハッ!と気づきます。今日の宿泊者はかえるのみなのか!!

ということで少し申し訳ない気持ちになってしまいました…口コミを見てみると平日にはこのようなことがそこそこあるようです。それだけ篠島への宿泊者は少ないんですね…

 

おいしい夕食を堪能した「シーサイド篠島」宿泊記ブログはこちら!

 

スポンサーリンク

 

夕日を見に「太一岬キラキラ展望台」へお出かけ!【篠島旅行1日目】

2023愛知県篠島旅行記ブログ・太一岬キラキラ展望台の夕日

篠島の沖にある松島に落ちる夕日は「日本の夕日百景」に選ばれています!

写真の右側にあるのが松島です。松島は篠島の南端にあり、北側に位置するシーサイド篠島からは歩いて往復1時間くらいかかったと思います。正確に測っていないので、申し訳ないですが…

2023南知多町篠島旅行記ブログ・太一岬 キラキラ展望台から見る夕日

松島の夕日を見た後、篠島の最南端にある「太一岬キラキラ展望台」へ向かいました。

こちらも夕日がすごくキレイでした!

2023南知多町篠島旅行記ブログ・太一岬 キラキラ展望台への山道

しかし、太一岬 キラキラ展望台へ行く道は途中から舗装路ではなく、未舗装の山道になるので注意ください。

私は篠島の案内地図に太一岬 キラキラ展望台へ行く途中、山道になりますので注意くださいって書いてあったの忘れていました…

山道区間が長く、薄暗い山道を歩くので夕方でも怖かったです。そしてその恐怖心を煽るのが、道中にある弘法様の祠です。

篠島には88もの弘法様の祠があります。そのため、観光の見どころになっているのですが、人があまり立ち入らない場所にある弘法様の祠は管理状態が悪いんです。それが薄暗い山道と相まって正直怖かったです。

だって蜘蛛の巣がかかっていたり、羽織ものが色あせてボロボロなんですもの…そして、山道なので街灯なんて当然のごとくありません。

ただ、写真のように展望台からの夕日は絶景としかいいようがありません。写真と現地の感覚は違い、現地で見る夕日のほうがはるかに綺麗でした。

日が沈むまで太一岬 キラキラ展望台に滞在しようと思ったのですが、誰もおらず日が落ちてしまうと帰り道が怖いので早々に立ち去りました。本当に怖いんですよ…

それでもよい景色を見れて大満足な1日目でした。

 

スポンサーリンク

 

「愛知県南知多町篠島旅行記ブログ」前編まとめ

2023南知多町篠島旅行記ブログ・篠島中学校

※こちらの写真は、篠島の南部にある「篠島中学校」です。

1日目はほとんど観光らしい観光はしませんでした。

しかし、篠島の島内をゆっくり散策するだけでも面白かったです。何しろ1日目で篠島一周をほぼ歩いているわけですからね…一周8.4キロあるらしいですが、散策が楽しかった証拠でしょう。

しかも、キレイな景色が堪能でき、離島がもっている落ち着いた雰囲気も味わえました。

喫茶仁のしらす丼も最高でした!

 

それでは、愛知県南知多町篠島旅行記ブログ・前編はここまでとします!ブログをご覧いただきありがとうございました!

 

愛知県南知多町篠島旅行【後編・2022年10月】の記事はこちら

愛知県南知多町篠島旅行宿泊記【シーサイド篠島】の記事はこちら

 

スポンサーリンク